大田区の鍼灸

大田区 池上線 久が原の鍼灸・びわの葉灸院 はり灸末廣堂

お問い合わせ
東急池上線  久が原駅徒歩3分、東急多摩川線  鵜の木駅徒歩10分

夏の身体の重さ・だるさ ~ その原因と対策

今年の夏は、結構しんどいと感じる方が多いのではないでしょうか。

 

 

連続する猛暑日、台風による大きな気圧の変化、猛烈な湿気。。。身体の自律神経の悲鳴が聞こえてきそうです。。。

 

 

そんな暑さや湿気に対して、クーラーをかけ続ける日々が続いていく。。。

 

 

このようにしんどい日々が続いたからでしょう。

今年の夏は、多くの方が「身体が重い、だるい」と訴えて当院にご来院されました。

 

 

では、この「身体が重い、だるい」という訴えの原因は何でしょうか?

 

 

身体の重さ・だるさの原因


 

まず、東洋医学的には、その原因を「湿」と考えます。

 

「湿」とは、身体に溜まった余計な湿気。「水毒」ともいいます。

 

さらに、現代社会ならではの原因としては、

運動不足・クーラーの過剰使用などにより「血流の悪さ」が生じ、身体中に老廃物が溜まっていることも、大きいと思われます。

 

日頃からもっと身体を使って仕事や家事をしていた時代には、身体の溜まった水毒も汗として排泄できていたでしょうし、身体を使うことで血流もよくなるので、身体に溜まった老廃物も排泄できていたことでしょう。

 

現代社会の生活では、自ら、身体を重く・だるくする生活を積み重ねているといえるではないでしょうか。

 

 

恥ずかしながら、このことは私たちにも当てはまります。

鍼灸臨床は、デスクワークよりも少しは身体を使っていますが、汗をかく程に身体を使っているわけではないので、放っておくと、同じように身体が重く・だるくなっていってしまうのです。。。

 

 

ここで、身体の重さ・だるさの原因をまとめますと、

①身体に溜まった湿気(水毒)

②身体の血流の悪さ

 

 

では、この身体の重さ・だるさを解消するには、どうすればよいのでしょうか?

 

 

身体の重さ・だるさへの対策


 

一番よいのは、「汗をかくような軽めの有酸素運動」をすることだと思います。

 

「何か運動をしていますか?」と問診すると、「ヨガをしています」とのお答えをよく耳にします。

もちろん、ヨガで身体の柔軟性を高めてその結果血流をよくするのも、改善に向かうので否定はしません。

 

ですが、有酸素運動を積極的に心拍数を上げてもっと積極的に血流をよくする方が効果的だと思います。

 

ただし、あまりキツイ有酸素運動をすると、気づくと無酸素運動に近い状況になってかえって老廃物(乳酸)が身体に溜まってしまうこともありますので、あくまで「軽め=会話しながら続けられる」程度が理想です。

たとえば、少し早めのウォーキングや、ゆっくりとしたジョギング、などでしょうか。

 

デスクワークをしている方の中には、平日のお仕事で身体が重く・だるくなると、休日に室内でごろごろ寝転んで過ごしている方がいますが、症状に拍車をかけているということに、早く気付いて頂きたいと思います。

 

そんな方は、一度思い切って早朝や夜半の涼しい時間にウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。

汗をかき血流がよくなることで、身体が軽くなることを実感していただけることでしょう ♪

 

かく言う私も、趣味の登山のために、池上本門寺の参道の階段を上り下りすることを心がけています。

ただ、15㎏の荷物を背負って片道96段の階段を20往復位するので、「軽め」とは言えませんが(^^;

 

 

ここで一つ留意すべきは、運動器に問題を抱えていて満足に運動できない方の対策です。

そのような方に運動を勧めるわけにはいきませんね。

そのような方には、夏の暑い日でも「お風呂で湯船に浸かって血流をよくする」ことをお勧めします。

 

ここで、身体の重さ・だるさへの対策をまとめると

 

一言でいえば「血流をよくすること」

 

そして、その血流をよくする手段として、

①軽めの有酸素運動

②お風呂でゆっくり湯船に浸かること

が挙げられます。

 

まずは、セルフケアで、身体の重さ・だるさの対策をしっかりして、まだまだ続きそうな残暑を乗り越えて頂きたいと思います(^^)

 

あと、この「血流改善」ですが、あまりに疲れが溜まりすぎて身体の芯まで疲れ切っている方には、鍼灸もおすすめです。

鍼灸は身体の巡りをよくすることを大きな目的にしていて、

臨床経験上

デスクワークなどで身体の奥までコリ固まってしまっているような方(特に、筋肉量が少なくて支える筋肉に過度の負担がかかってコリ固まってしまっているような女性)の身体の重さ・だるさを変えていくことも十分可能と思われます(そのような方の声は、こちら)。

 

セルフケアでもどうにもならなければ、ご相談お待ちしております(^^)

 

 

 


« 前の記事:

次の記事: »

コメントを投稿する