大田区の鍼灸

大田区 池上線 久が原の鍼灸・びわの葉灸院 はり灸末廣堂

お問い合わせ
東急池上線  久が原駅徒歩3分、東急多摩川線  鵜の木駅徒歩10分

スポーツやダンスの調整に鍼灸を!

スポーツやダンスのような身体を使うアクティビティで体調を調整する方法は?

というと。。。

 

多くの方が、マッサージをイメージするかもしれません。

 

たしかに、マッサージも有効ですが、臨床していて、それ以上に鍼灸は効果的だと感じています ♪

 

今回は、そのスポーツやダンスのコンディショニングのための鍼灸の有効性について、お伝えしようと思います。

 

スポーツやダンスを突き詰めてトレーニングしていくと、たいてい 身体のある特定の筋組織に負荷がかかってきます。

その結果、身体の左右・上下・前後の一部(または全部)にアンバランスな筋緊張が生じてきます。

 

このアンバランスな筋緊張を解消するのに、鍼灸はマッサージよりも、即効性・持続性に優れていると感じています。

 

まずは「鍼」についてです。

 

鍼は、マッサージと同じように硬くなった筋肉の緊張を緩めるのに有効ですが、マッサージではアプローチできないような身体の奥深くや骨の裏にある筋緊張も直接に変化させることができます。

そのため、施術後すぐに効果を感じて頂けることが多いですし(即効性)、長い間、効果を感じて頂けています(持続性)。

 

また、マッサージでは代用の効かない効果を出す手段として「灸」があります。

 

特定の筋組織に負荷をかけ過ぎていくと、その筋組織は「支える力」を失います。そうすると、その部分をカバーして支える力を付けるために周囲の筋肉が緊張していくのです。

当院では、そのようなエネルギーのない部分には 、灸をして 「支える力」をつけていきます。灸により支える力を取り戻すと、自然に周囲の筋緊張は改善するのです。

 

ここでの「支える力をつけていく」灸の作用は マッサージでは代替できません。そして、灸をせずに無理やり筋緊張を緩めても、また支える力が必要になって張りかえしてきます。

その意味で、灸の必要なツボに灸を的確にすることで、効果を長持ちさせることができるのです(持続性)。

 

スポーツやダンスのコンディショニングでは 、アクティビティごとに負荷のかかりやすい部分は異なるので、当院では、それを視野にいれつつ、お一人お一人に合わせて、鍼と灸を使い分けて「身体全体を均して」いきます。

 

場合によっては、各アクティビティの動きに合わせて、問題となる動作ごとに顔をだしてくるツボを見極め、的確に変化させていく(動作鍼といいます)ことで、きめ細やかな調整をしていきます。

 

このように、鍼灸はスポーツやダンスの調整にとても有効なので、末廣堂にも、マラソン、サイクリング、トライアスロン、ゴルフ、野球、サッカー、登山、バレエ、日本舞踊 等 様々な活動をされている多くの方に体調管理のためにご来院して頂いております。 患者さんの声はこちら>>

 

 スポーツやダンスの効果的な調整をお望みの方

 

末廣堂へのご来院をお待ちしております(^^)

 

kuma


« 前の記事:

次の記事: »

コメントを投稿する