これには、3つのエピソードがあります。

一つ目は、末廣堂のある久が原は、その昔「末廣」と呼ばれていた時期があるそうで(現在の池上線久が原駅も末廣駅と呼ばれていた時代があるとのこと)、「くがはら」よりも「すえひろ」の方が、音の響きとしてしっくりきたことです。今でも久が原駅近くには、「末広商店会」があるように、「末廣」の名残はありますね。

 

二つ目は、漢数字の「八」にあるように、末広がりで縁起がよいことです。
私たちも皆さまも、sより幸せになっていけるように、という願いが込められています。

 三つ目は、かおり先生の実家の倉庫からでてきた「末廣」の文字が書いてある古い看板です。かなり古いもののようで、とても惹かれました♪
この看板のように、末廣堂も歴史を刻んでいけたらとの願いも込められています。この看板の画像は、HPの中に載せてありますので、よかったら、探してみてください(^^)


« 前の記事:

次の記事: »

コメントを投稿する

CAPTCHA