大田区 池上線 久が原の鍼灸・びわの葉灸院 はり灸末廣堂

お問い合わせ
東急池上線  久が原駅徒歩3分、東急多摩川線  鵜の木駅徒歩10分

久が原駅徒歩3分 鵜の木駅徒歩10分

勝負処を見極める!~ 錦秋の巻機山

先日の体育の日に、新潟県と群馬県の県境にある「巻機山(まきはたやま)、日本百名山」の登山に行ってきました。

 

巻機山は、紅葉の美しい山として有名で、今回、美しい錦秋の山と出会うことができました!

 

コースは、一般的に利用される「井戸尾根」コースのピストン

「桜坂駐車場→ニセ巻機山→巻機山→牛ヶ岳→巻機山→割引岳(われめきだけ)→巻機山→桜坂駐車場」の10時間コースを、チョットのんびり目に休憩時間込みで7時間20分の山旅です。

 

今回の山旅は、本来、10年以上前に大雪山で知り合った友人とウチの家族で、12日夜に東京を出て13日〜14日にかけて巻機山避難小屋(ニセ巻機直下にある)に一泊登山する予定でした。

 

ですが、台風19号の影響で12日は動けなくなったので日帰り登山の計画に変更となり、日帰りではウチの家族はキツいということで行くことを止め、大雪で知り合った友人も直前に風邪を引いてリタイアしたので、今回も単独で山に入ることになりました(決して、家族を放ったらかしにして独りで遊んでいる訳ではありません 笑 )

 

信頼する登山天気のアプリによれば、14日6〜9時の間は晴れ間が期待できるとのことだったので、その晴れ間に勝負をかけました!

巻機山頂までのコースタイムは、4時間40分。コースタイムの3分の2(約3時間)で歩くとして、朝4時半にスタートすることに。

 

12日23時半に登山口近くの駐車場に車で到着して車の中で一眠りし、まだ全く暗い4時半にスタート

暗い中、熊が出ないかちょっとヒヤヒヤ ^^;

 

登山道に入るや否や、台風19号の影響で、まるで沢登りしているかのような増水した登山道!

暗い中 慎重に進んでいるうちに沢筋から尾根道に入れてホッと一息^^;

 

暗いがしっかりした登山道を順調に進んでいると。。。ポツリポツリと!

まさかの雨にかなり凹む。。。この際とりあえず山頂までは行ってみようと気持ちを取り直して進みました。

 

4合目位から、ちらほらと紅葉が

紅葉越しに、割引岳(われめきだけ)が顔を見せています

 

巻機山七合目位から美しい紅葉に彩られる山肌が現れて ♪

ここで一句  「 息切らし  登った先には  山錦秋 ♪  」

 

7合目からは風を遮る木々も減り、稜線を吹き荒ぶ強い風が!

 

強風と雨で手がかじかむ中、ニセ巻機山を登頂(7時10分)

強風と雨で、かなり凹んでます。。。^^;

 

ニセ巻機を過ぎだ位から、次第に草紅葉が美しい

 

あまりの風の強さに草紅葉を愛でてのんびりする気にもなれす、早々に巻機山避難小屋に逃げ込みました。

とても立派な避難小屋で、室内にバイオトイレまであるのに驚きです!

 

しばし避難小屋で休憩しているうちに、外に出てみると雨が止んでいます!

しかも東や南の方角を望むと晴れ間が出てきてます!

 

登山天気アプリは裏切らなかったと元気が出てきました(^^)

 

山頂に向かう前に、家族が作ってくれた自家製パンでエネルギーチャージ

強風と雨のせいで、手は冷えて真っ赤 ^^;

 

避難小屋から巻機山を望む

どこが山頂なのかよく分からない位たおやかな山容ですね。

 

パンで腹ごしらえをして、いざ巻機山山頂へ!

巻機山山頂標識に到着(7時50分)

 

驚かれるかもしれませんが、ここは山頂ではありません(こんな立派な標識があるのに、、、ニセ山頂標識!この山は、ニセが多いですねぇ)。山頂は牛ヶ岳の方に500m程進んだところにあります(ケルンが目印)

 

なぜか、山頂標識の側に、こんな石碑が。。。

修験道の山とは思えない、たおやかな山ですが。。。^^;

 

雨は止んでましたが風が強いので、早々に牛ヶ岳へ向かうことに

草紅葉の中、地塘が笑顔でこんにちは ♪

 

巻機山山頂に到着(8時)

ふと東の空を望むと晴れ間が!

 

天気回復への期待も増し、気分よく牛ヶ岳へ

巻機山から牛ヶ岳への縦走路 草紅葉の中のたおやかな稜線歩きは気持ちよい ♪

 

牛ヶ岳山頂辺りから青空もチラホラ出てきました!

 

牛ヶ岳山頂から北の方角を望むと、越後三山

中央の朝日に照らされているのが越後駒ケ岳(百名山)、その左に八海山、右に中ノ岳

 

草紅葉越しに、東には燧ヶ岳や至仏山、南東には武尊山(ほたかさん)

 

燧ケ岳(東北最高峰、百名山)

 

至仏山(尾瀬の名峰、百名山)

 

武尊山(百名山)

沸き立つ雲がカッコいい!

 

南には谷川岳(百名山)を望む

かなり青空が見えてきました (^^)

 

西を望むと、これから向かう割引岳

 

今回の山行で一番眺望を期待できる牛ヶ岳山頂で晴れてきたことは、下り坂の天気としては、とてもラッキーでした。諦めずに早朝に山頂に着くことをやり遂げたご褒美を頂いた気分です ♪

 

青空の下、気持ちよく牛ヶ岳から巻機山へ戻る

青空を見られると、テンションが上がります!

 

再び巻機山山頂

 

 

さらに割引岳に向かいます

割引岳への縦走路も草紅葉で美しい

 

割引岳への縦走路の途中から越後三山

地塘と草紅葉越しの絵もイイですね

 

割引岳が目前に。ピラミッドのような山容が魅力的です♪

 

 

割引岳山頂に到着(9時20分)

山頂標識が倒れています ^^;

 

せっかくなので山頂標識を抱えて、自撮りで一枚 ♪

 

割引岳山頂あたりから再び曇りだしたので早々に巻機山へ戻りましたが、巻機山山頂標識辺りで再び小雨が降ったり降らなかったりの天気に。

今回の山のメイン部分をそこそこの晴れ間の中歩けたのは、狙い通りで、してやったりの気分です!

 

本降りになる前に下山することに

 

サクサク進んでいると、ここでもご褒美のように、巻機山八号目位から七合目辺りを見下ろすと錦秋の山が広がってました (^^)

これで、晴れていたら申し分ないのですが、そこは贅沢を言わずに雨が降っていない中で素晴らしい紅葉を堪能です♪

 

今回は、最初はどうなることかと思いましたが、結果オーライの山旅となりました ♪

 

今回の山旅がうまくいったポイントは、「早朝だけ晴れを期待できるとの予報を信じて そこに勝負をかけたところ」だと思います。

のんびりと明るくなるのを待ってからスタートしたのでは、今回の登山のよさは半減していたことでしょう。

 

この「勝負処」

 

これは鍼灸の臨床にもあてはまります。一回の施術の中でも「ここのツボ、この一鍼」という勝負処があるものです。

ですので、漫然と施術するのではなく、ポイントとなるツボを見極めてそこに時間も手間もかける必要があるのです(当院では、きめ細やかにツボを探って その勝負処を見極めるように心がけております。当院のこだわりは、こちら)。

 

今回の登山で、改めて勝負処の大切さに気付くことができました(^^)

 

※ 台風19号の被害が広まる中でのブログ掲載にあたって

 

出発する日の13日は、東京は台風一過の快晴であったこと、午前中は家族で出かけていたこと、山までの交通状況のチェックや友人とのやり取りでバタバタしていたこと等から、台風の被害が長野や東北で拡大していることを知らないまま出発することになり、山から帰ってから被害の大きさを知りました。

被災された方々のお気持ちを考えると登山のブログを書くことも不謹慎化と思い、掲載を一時ためらいましたが、今回の山でも色々と気づくことがあり、またとても気持ちのよい山なので、ご紹介の意味もこめてブログにすることにした次第です。

ご理解のほど、よろしくお願い致します。


« 前の記事:

次の記事: »

コメントを投稿する

CAPTCHA


お問い合わせ
電話する