大田区の鍼灸

大田区 池上線 久が原の鍼灸・びわの葉灸院 はり灸末廣堂

お問い合わせ
東急池上線  久が原駅徒歩3分、東急多摩川線  鵜の木駅徒歩10分

大田区で鍼灸を続けていく想い ~ 開院丸10年を迎えて

当鍼灸院は、本日をもって開院してから丸10年を迎えました。

 

この大田区久が原で鍼灸をするようになって、10年間

 

思い返してみれば、早かったような、遅かったような。。。

 

ありがたいことに、こちらの鍼灸院を開院した年からご来院し続けて頂いている方もいれば、大田区からのお引越しで足が遠のいてしまった方もいらしたり。。。

 

こちらで初めて鍼灸を受ける経験をされて鍼灸ファンになって頂けた方、「鍼灸は怖いけど鍼灸を受けると体調がよくなる」とのことで、ちょっと気が引けるけどご予約をされていく方(笑)。。。

 

時には、海外転勤した方が帰国した際にご来院してくださったり、地方に転勤された方が東京出張の際にご来院してくださったりするといった嬉しいこともありました ♪

 

時々カルテを見返していると、様々な方々との出会いと別れを繰り返して、この10年間を過ごしてきたことを実感します。

 

沢山の方々とのご縁に感謝の気持ちでいっぱいであります。

 

 

「十年一昔(じゅうねんひとむかし)」

 

 

正に、ここ10年間は、時代の変化が激しく、この四字熟語がぴったりする10年間だったと思います。

 

東日本大震災をはじめ新しいところでは平成30年北海道胆振東部地震のような巨大地震、年々強力になっていく台風、土砂災害や大洪水を引き起こすような豪雨の増大。。。天変地異が印象的な10年間でした。

 

私たちの生活様式の変化としては、やはりスマホの登場が大きいと感じます。

あまりの便利さゆえに、もはやスマホなしでは生きていけない方もいるのではないでしょうか。。。

「スマホ老眼」「スマホ首」などというスマホ時代ならではの症状が、当院でも珍しくなくなっております。

 

ITの発展で、あらゆる業種でスピードを要求されるようになり、心身ともにストレスが増大している方が増えていることも気になるところです。。。

 

 

我々は色々な意味で「厳しい」時代を過ごしてきたように思います。

 

 

なんだか、気持ちの沈むようなお話ばかりしてしまい、すみません。

 

ですが、現実から目をそらさずに問題は問題として受け止めたうえで、どう「しなやかに」この厳しい時代を生きていくかを模索していくべきだと思うところであります。

 

 

これからの10年間、いままでの10年間以上に変化の大きな時代になるでしょう。

 

 

英語で10年間を「decade」ともいうように、英語圏の方々も10年間を大きな時代の区切りとして考えていますが、私たち末廣堂も、今までの10年間を踏まえて この大田区久が原で、希望をもって新たな10年間に向けて鍼灸臨床のスタートを切る所存です。

 

現代ならではの体調不良に苦しむ方々の症状を、先入観なく真っさらな目で観て、真摯に向き合っていきたいと思います。

 

これからも、大田区久が原の鍼灸院「はり灸末廣堂」を宜しくお願い致します。

 

 

はり灸末廣堂一同

 


« 前の記事:

コメントを投稿する