大田区の鍼灸

大田区 池上線 久が原の鍼灸・びわの葉灸院 はり灸末廣堂

お問い合わせ
東急池上線  久が原駅徒歩3分、東急多摩川線  鵜の木駅徒歩10分

土地の自然と文化を感じる旅を!

今月の上旬にお休みを頂いて、東北に旅に出ました。

 

場所は、岩手と秋田の県境にある「八幡平(はちまんたい)」

 

読んで字のごとく、なだらかな山でして、小さな子供のいる我が家には、ぴったりです♪

 

ただ、八幡平の山頂周辺は観光地化されているので、少し離れた茶臼岳を登り、そこから八幡平まで縦走することにしました。

 

まずは、茶臼岳を目指します。

 RIMG15941

なかなか険しそうですが、山腹を巻いて登っていくので穏やかな登山道でした。

 

ふり返ると、岩手の名峰「岩手山」

  RIMG15934

 

途中では、とても美味しい野イチゴを頂きました!

 RIMG15944

 

山頂が近づくと、オオシラビソ(アオモリトドマツ)独特の甘い匂いが、辺りに漂います♪

 RIMG15979

この甘い匂いは、オオシラビソの実から出るヤニの匂いのようです。

 RIMG15953

 

森の中では、ひっそりとギンリョウソウが咲いておりました♪

 s-RIMG15973

 

山頂に着くと、晴れ間も出てきて、なかなかの絶景です!

 

眼下には、オオシラビソの森と「熊沼」

  s-RIMG15958

八幡平のなだらかな山容も、遠く眺めることができました。

 RIMG15970

ちょっと頑張って、山頂の一番高いところに立ってみました!

 RIMG15969

 

茶臼岳の眺望を楽しんだ後は、石のゴロゴロする道を進んで、八幡平を目指します。

 s-RIMG15986

 

黒谷地(くろやち)湿原の辺りからは木道歩きです。

 RIMG16007

黒谷地湿原では、「熊の泉」の美味しい湧水を堪能♪

 s-RIMG15993

 

源太森の高台に着く頃には、雲が出てきてしまいましたが、高台からは、八幡平のオオシラビソの森を一望です。

 s-RIMG16016

 

 

八幡平湿原に入ると、広大な湿原に驚くばかりです!

 RIMG16025

遥か彼方まで木道が続いています。

 

湿原らしく「池塘(ちとう)」が点在

 RIMG16033

池塘とは、火山噴出物の間にできた凹地に水が溜り、土砂等により次第に浅くなりできた池のようなものです。

 

湿原では、高山植物も堪能♪

  RIMG16058

ニッコウキスゲ

 RIMG16057

オヤマリンドウ

 s-RIMG15948

シナノキンバイ

 s-RIMG16051シナノキンバイ

タチギボウシ

 RIMG15997タチギボウシ

キンコウカ

 s-RIMG16049

ワタスゲ

 RIMG16047

 

東北の大自然を満喫しつつ、登山地図のコースタイム約4時間のところを約5時間で歩けました!

小さな子供にしては、かなり頑張りました(^^)

 

その晩に宿で子供が描いた絵が、こちら↓

 s-RIMG16069

山の連なりと道すがら会った登山者の方々を描いたようですね。今回の山も心に残ってくれたようです♪

 

八幡平歩きを頑張った次の日は、盛岡市内にある「ふるさと手作り村」で、東北の文化に触れました。

 

うちの子供が興味をもったのは、「トンボ玉の組みひも」体験です(職人さんは、「とんぼ玉八五郎」の工藤文博さん)。

 s-RIMG16103-2

職人さんが作ったトンボ玉やヒモの中から、自分で気に入ったものを選び、職人さんの指導のもとで、自分でヒモを組んでいくのです。

 s-RIMG16105-2

職人さんは、小さな子供に根気よくヒモの結び方を伝えて下さいました。

 

お陰様で、小さな子供にしては、なかなか立派なトンボ玉のストラップが出来ました!

 

ナスと花のトンボ玉を黄色とオレンジ色のヒモで組んでおります♪

  s-RIMG16332

今回の旅で感じたのは、旅先でその地方の自然と文化の両方を味わえるとより深くその地方を感じられる、ということ。

 

これからも、出来るだけ、自然と文化の両方を堪能できる旅をしていきたいと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 


« 前の記事:

次の記事: »

コメントを投稿する

CAPTCHA