「調度いい加減」の深さまで鍼をします。症状の程度、患者さんの体力や年齢、鍼灸への感受性を考慮して、最適の深さで鍼をしていきます。
そのため、とても敏感な方の場合は刺さずに治療することもありえます。


« 前の記事:

次の記事: »

コメントを投稿する