認知症

長年の疲労や加齢で気血の巡りが悪くなると、頭への気血の巡りも悪くなり、脳は酸欠状態になります。その状態が長く続けば、脳へのダメージが蓄積し認知症になるリスクが高まるでしょう。

鍼灸治療で頭への気血の巡りを回復すれば、認知症を緩和したり、認知症になるリスクを出来る限り減らしたりすることができます。


当院にご来院されている高齢の方の中には、すでに認知症の方もいらっしゃいますが、治療後は会話での受け答えやお着替えのスムースさ等、治療前に比べて大きく改善される方もいらっしゃいます。 還暦を過ぎる頃から、鍼灸治療で頭への気血の巡りをよくして、認知症を予防することをお勧めします。


患者さんの声はこちら>>


« 前の記事:

次の記事: »

コメントを投稿する