大田区の鍼灸

大田区 池上線 久が原の鍼灸・びわの葉灸院 はり灸末廣堂

お問い合わせ
東急池上線  久が原駅徒歩3分、東急多摩川線  鵜の木駅徒歩10分

梅雨の時期の倦怠感や浮腫(むくみ)に鍼灸・発汗を!

ついに関東地方も梅雨に入りましたね。

 

このジメジメした梅雨の時期は、倦怠感や浮腫(むくみ)が強くなりがちです。

 

その主な原因は「湿度」。

 東洋医学で云うところの「湿邪」(注 : 邪とは、身体に悪さをする病因のこと)です。14.6.6

 この湿邪が強くなると、次第に身体の中に「水毒」(身体に不要な水分)が溜まってきます。

なぜかといいますと、湿度が高いと空気中の水蒸気が飽和状態になるので汗をかきにくくなり、皮膚から水蒸気の形で水毒を放出することができなくなる、からです

 

そうなると、皮膚から水毒を放出できない分、腎臓から尿という形で水毒を放出する必要がでてきて、腎臓にも負担がかかってきます。

その結果、身体が重く感じ倦怠感が強くなったり、浮腫(むくみ)が強くなったりするのです。

 

このような倦怠感や浮腫(むくみ)を改善するのに、鍼灸は有効です。

鍼灸で身体の巡りをよくすることで、水毒をスムースに排出することを期待できるのです。

 

また、自然な発汗が期待できない環境でも、運動するなどして積極的に発汗することで、体内の水毒を減らしていくことも、今の時期の養生として有効ですね。

 

梅雨時期の倦怠感や浮腫(むくみ)を、鍼灸や発汗で上手くコントロール ♪

 

オススメです(^^)

 

kuma

 


« 前の記事:

次の記事: »

コメントを投稿する